• ホーム
  • みやざき9条の会: 検索結果

タグ「小森陽一」が付けられているもの

憲法九条の理念こそ、世界をそして人類を未来に導く旗だ

2009年10月19日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

小森さんの話に触発されて思う。

小森さんは「その時、陽一少年は・・・」というように、自分史と時代史との関わりを縦糸に、世界に生起する事柄と九条との関わりを横糸に、語って下さいました。自分が日々歴史の中に生き、自分も歴史の一端を担っていることを再認識させられ、とても刺激的でした。

陽一少年よりおそらく20年早く生まれた私は、敗戦時小学校(国民学校)4年生、軍国少年でした。そのような時代の子であったことを恥じても始まりませんが、その後現在までの時代とのかかわりについては、責任を負わねばなりません。

あたらしい憲法のはなし

中学生になった直後の1947(昭和22年)年5月3日、新憲法が施行され、私たちは「あたらしい憲法のはなし」という教科書で学びました。青春前期のみずみずしい心に民主主義・国際平和主義・主権在民主義は、かけがえの無い価値となって根付きました。そう、私はだれがなんと言おうと日本国憲法の申し子なのです。

憲法論議を聞くにつけ思います。大戦直後のあのほんの一時期、GHQに居合わせた少壮法律家たちが憲法草案を作ったのは、シュテファンツヴァイクの言葉を借りれば、まさに運命的な時、人類にとっての「星の時」だったのだと。それが、人類の英知・理念に悖(もと)らない普遍的なものであるなら、いつ、誰が、どのような事情で作ったかは、まったく問題にならないのだと。

小森さんも言うように、九条の理念こそ国連・安保理のそれであるのに、現実には大国の利害優先の運営に堕しています。国連決議を錦の御旗として戦場に赴くのではない。「Show the flag(ショウ・ザ・フラッグ)」などという言い草に対しては、「九条の旗」をこそ上げてみせ、その理念に向けて絶えず努力する以外に、人類が行き続ける道はないと主張すべきなのです。

(宮澤 信雄・みやざき九条の会代表世話人)

9.5 みやざき九条の会主催「小森陽一講演会の報告」

2009年10月15日 | | 活動報告 | コメント(0) | トラックバック(0)

小森陽一講演会

2009年佐土原総合文化センターで行われた小森陽一全国九条の会事務局長(東大大学院教授)の講演会には、宮崎県下から約450名が参加しました。

「日本国憲法九条が世界を動かす-危機の中でこそ九条の思想を」と題する講演で、小森氏は憲法九条がありながら警察予備隊として再軍備し、世界第3位の軍事力をもつに至った自衛隊と九条の関連について、朝鮮戦争から小泉政権時代の自衛隊イラク派兵までの出来事を歴史を追っていきいきと話されました。

特に1991年湾岸戦争で「現憲法でも軍事行動ができる」と強弁したのが、当時自民党幹事長の小沢一郎氏だったこと。結局その時、自衛隊のイラク派兵に代わって莫大な戦費を拠出したことを米国はもとより、日本のマスコミまで非難したが、世界、とくに中近東諸国に、わが国の憲法九条の存在意義を知らしめる契機となったこと。を述べました。

実は、九条を改憲し自衛隊を海外に出させようとする様々な試みの全てに(マスコミの報道を含めて)アメリカの戦略と指示があることを小森さんは指摘しました。

今日、武力による紛争の解決は無効なことがはっきりしてくる状況の中で、憲法九条の理念がいよいよ大切になってきていること、そして「九条の会」の運動が日本のみならず世界の平和を守る上で、大きな歴史的意義があることを多くの参加者は認識させられました。

民主党新政権が発足したが、九条改憲派が多数を占める民主党は、憲法問題で本来の方向性を出すのは、来年(2010年・平成22年)夏の参議院選挙以降であろう。したがって、参院選の結果如何が、九条の命運を分けることになることを講演の最後に強調しました。

情報操作に乗せられぬために

2009年10月14日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

自主憲法制定を唱える改憲派の狙いが、九条を削除することにあるのは明らかです。そうしないことには、「海外で戦争が出来る軍隊」を持つ彼等の言う「普通の国」にはなれないのですから。すでに自・公政権時代に(2007年5月)数を頼んで「憲法改正国民投票法」は成立させています。この法律を有効に使って、国民の「総意」で日本を「普通の国」にするために、どういう風に国民の頭を改造していくか、これが改憲派のもくろみで、これから先もさらに巧妙な画策がめぐらされ、あらゆる機会をとらえて情報操作が仕掛けられることでしょう。そこで私も、自分なりにそれに対処する方策・心構えを三つほどたててみました。

  1. 言葉の言い換えに惑わされないように―→法令名や術語を当たりさわりのない、核心からそらせるように言い換えたり・略称したり・縮小したり。「普通の国」もそう
  2. 重要語・キーワードの作為的な翻訳などを見抜く努力をしよう(できるだけ海外の生の情報に接すること)―→小森さんが指摘されたdestroyerのことなど。海外では情報発信する時に、言葉をオブラートに包んで誤魔化すようなことはまずない。日本のお役人やジャーナリストが、思い・意図を込めて都合のいい翻訳をすることが多い
  3. あらゆる情報操作に神経を尖らす―→小森さんも触れられた選挙運動中の「のりっぴー報道」の垂れ流しぶり

(原田 圀彦)

小森陽一さんの講演会に参加して

2009年10月13日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

講演会に参加をして最も強く感じたことは、日本国憲法九条と世界との関わりについてでした。世界との関わりを考えないわけではありませんでしたが、日本は再び戦争をする国になっていくのだろうかという不安の観点から多くのことを考えていました。

国民学校1年生の時に第2次世界大戦がはじまり、5年生の時に終わりました。家の周辺にも爆弾を落とされ、親と離れて学童疎開の経験もしました。その間に親を失った友もいました。父は仏印へ戦争に行ったまま9年間も帰ってきませんでした。私の少年時代の経験は戦争に対する嫌悪感ばかりです。戦争を2度とさせてはならない。九条は絶対に守らなければならない。変えさせてはならない。そう考えてきました。

憲法を変えることが日米安保体制の中で、アメリカの戦争にかかわっていくことになる、この程度のことは稚拙な私の脳裏にもありました。しかし「湾岸戦争時に海外派兵を断念させたことが、世界に日本が憲法九条を持つ国である、との存在を知らしめることになった」と知らされた時には、そうなんだと実感し、九条を持つ国として世界で唯一の被爆国としての日本が核廃絶を目指して、その役割を果たしていくことが可能だと教えられました。九条を守る戦いは、一面核廃絶の戦いでもあるのだと実感させられました。

今回の選挙で民主党が大勝し、自民党が大敗しました。今までの自民党の政治があまりにもひどかったための結果で当然と言えば当然ですが、誕生した民主党の政治は小沢、鳩山をはじめ改憲論者がいっぱいです。小森さんが指摘されたように九条を守るための草の根運動がより一層大切になってくると思います。

今回の講演会、得ることが多々ありました。日本の平和を守るため、戦争をする国にならない為、九条を守るため、草の根の一本として生きていきたいと思います。

(三島 通人)

その時々の自民政治を底流からつかむことの大事さ実感

2009年10月11日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

戦争放棄・戦力不所持・交戦権禁止の憲法がありながら、警察予備隊として再軍備に道を踏み出し、今では世界第三位の軍事力、イラク戦争に自衛隊派兵という世紀のごまかしを重ねている自民党政治の虚偽と憲法蹂躙の歴史を、豊富な知識と資料で解明され、その底流は、アメリカの世界戦略にあり、アメリカ支配層の利益のための日本に対する要求であつたこと。このことが判りやすく解明されたことに敬意を表します。

同時に、そのアメリカが朝鮮戦争とは違い、イラク・アフガン戦争のように、もはや国連を使っての戦争合理化ができなくなっていること、オバマ大統領が核兵器廃絶の努力を表明したことなども解明されたことは、あらためて世界史の前進に確信を深めました。まさに歴史を正しく記憶することは大事です。

いま自公政権が倒され、政権交代という新しい歴史に足を踏み出そうとしています。その時にあたり、講演で指摘された小沢民主党幹事長が自民党幹事長時代に自衛隊海外派兵論を打ち出したということに警戒心をもち、いっそう憲法改悪・蹂躙反対の運動を強める必要があることも実感したことでした。欲を言えば、自民政治のエポック解明を年代的に追ってもらった方が判りやすかったかなと思っています。

(佐藤 誠・宮崎県革新懇事務局長)

民主党人気の影の危険

2009年10月10日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(1)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

小森陽一さんの講演会面白かった。戦後から最近までの政治・社会的出来事を思い出させつつ、その裏の繋がりを解説した。問題は今後の新政権下で諸政策や改憲の動きだと思う。

自民党が国民の信頼を失った今、先ず第一段階は民主党新政権が3ヶ月から半年以内に、諸問題解決の方向性と政治実績を示し、鳩山人気と政府への信頼を得ることだ。そのためには当面党内の護憲派や連立の社民党とは争えず、5月の国民投票実施が困難となればこれが次への伏線だろう。

そして来夏に参議院で単独過半数を得れば、第二段階に入ろう。ここで政界再編か共闘が解消されて、今時マニフェストでも出た国の経費削減を理由とした、議員比例定数の削減が画策されよう。

総選挙前に毎日新聞が実施した立候補者A(内当選者B)とインターネット等のアンケート(約50万人回答C)では、

  1. 憲法9条の改正に賛成(A54、B34、C48%)反対(A40、B51、C51%)
  2. 集団的自衛権の行使を禁じた憲法解釈を見直すべき(A54,B37,C60%)反対(A40、B50、C39%)
  3. 衆院議員の比例代表を削減すべき(A31、B62、C27%)小選挙区・比例共削減すべき(A32、B21、C43%)反対(A24、B8、C16)と出ている。

この当選議員、ネット回答者の大半の意見のように、もし比例区180が90にでも削減されるならば、公・共・社3党は今より半減し、質問時間どころか実質抹殺されてしまうだろう。

以上から、大切なのは一方では自民党政治の復活を許さない民主党政権の監視と安定であると共に、真の議会制民主主義の問い直しと中選挙区制の復活だ。朝鮮半島の安定と、核兵器廃絶を突破口にしたアメリカの平和外交への支持、そしてアジアから世界への9条精神の拡大で改憲勢力を包囲しつつも、国会が2大政党のみになっては、圧倒的多数の改憲発議と民主党の改革実績ムードのマスコミ操作に酔わされて、国民投票はいずれ改憲成立に導かれるだろう。

最近の毎日新聞世論調査では、鳩山内閣支持が01年小泉内閣に次ぐ高率の77%だという。それだけにその勢いに紛れて進む今後が、決して油断できない状況だと強く思う次第である。

(出口 修身)

確信が深まる講演

2009年10月 7日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

小森さんの講演は私に確信と勇気を、あらためて呼び起こすものであった。

朝鮮戦争の勃発を機に、警察予備隊が作られて以降、アメリカの国家意志に従って憲法の解釈を強引に歪め、再軍備の道を進めてきた。そして自衛隊という「軍隊」をイラクに派遣するまでになった。「記憶こそわれわれの力」と言い、正確に想起し、的確に判断の根拠とすることの重要さを説かれた。「傷ついた九条」ではあるが、反戦平和の理想-これこそが日本の世界に対する誇れる顔であることを、世界の歴史の中に日本の現状を据えて語られ、また国連憲章と照合しながら、九条の思想が混迷を深める世界の中で、現在と未来に一歩進んだ重要な視座を占めることを強調された。

現在わたしたちは溢れる情報の中にいる。そして知らないうちに「操作された情報」に流され慣れさせられているかも知れない。情報が見えないところで、巧みに操作されていることへの警告は貴重なものであった。

(瀬口 黎生・みやざき九条の会代表世話人)

小森講演の感想

2009年10月 6日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

小森講演は、小沢、鳩山を中心とする民主党の政治路線が点から線へのつながりで分り易く解説され、私にとっても良い勉強になりました。マニフェスト選挙と「政権交代」のスローガンで圧勝した民主党への期待が国民に幻想を持たせ易い雰囲気を持ち始めている政治状況の時だけに、この忠告は胸に落ちるものがあります。

小沢幹事長は、来年7月の参議院選挙に照準を合わせて、早くも地方組織を含めた選挙指導を開始しました。この参議院選挙で圧勝し、両院単独過半数を確保して民主党本来の政治路線を直接実現するつもりでしょう。これを阻止できるのは憲法9条の平和と国民主権を求める運動しかない、という総括は、闘いの展望も指示していただいたように思います。

私なりに、この講演に付け加えたい2点を申し上げます。

第一は、小沢・鳩山民主党の階級的立場です。中立という立場は、資本家階級の立場に立つ者が自らをカムフラージュするごまかしでしかありませんから、現代資本主義社会では労働者階級と資本家階級の二つしかありません。国民の期待に応えて、民主党が一時的には革新政党の姿勢を示すために打ち出す諸政策は、共産党の総選挙政策と重なる部分が多く、これが実現されれば共産党のお株を奪うことにもなります。しかし、資本家階級(米日独占資本)の要求は、民主党の政策とは反対に、労働政策(雇用・賃金)でも、軍産複合体の軍事政策でも、社会保障政策でも、自民・公明の政策そのままであり、国民向けの民主党の政策を力づくで軌道修正していくことが予想され、この圧力に民主党は抗しきれないでしょう。なぜなら、少なくとも今はまだ表面化していない民主党幹部の資本家階級的立場は変わらないので、いつまでも中立を装い続けることができず、特に参議院選後には、米日独占資本と急速に妥協を重ねることになるからです。

第二は、戦争の経済的階級的性格です。戦争は、各々の国の支配階級が利益追求の為に、弱い環(国や地域)の市場と労働力を従属させるもので、現代は資本家階級の暴力的経済行為です。憲法9条はこの暴力行為に歯止めをかける労働者階級の武器です。第一の問題も、憲法の国民主権と生存権の保障が武器となりますから、その意味でも、来年の参議院選挙に向けての政治闘争は憲法をかけた歴史的な山場になるのではないでしょうか。

(有村 鉄次郎)

小森陽一さんの講演を聞いて -湾岸戦争時の戦費拠出を巡って-

2009年10月 5日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

この頃で最も感銘を受けた講演であった。

多くの記憶を呼び覚まされた話の中で、「自衛のための最小限の実力は戦力ではなく、その集団は軍隊ではない」という解釈に基づく、世界第二の"実力"を備えた自衛隊合憲論、世界中の誰もが信じない暴論を、懐かしくも思いださされた。

一方、私の記憶になく、最も教えられたのは、1991年の湾岸戦争時の戦費拠出を巡っての講話であった。総額900億ドル、日本円で1兆2000億円、日本国民一人当たり一万円に相当する血税を、自衛隊を派遣する代わりに拠出したこと、そのことがアメリカから"show the flag","boots on the ground",「血を流せ」と声高に非難されたことは記憶にあった。しかし、こうしたことが日本政府のもくろみを脱して、期せずして日本国憲法第九条の存在を世界中に認知させる結果になったとは、うかつにも知らなかった。

考えてみれば、理にかなった話なのだが、当時、新聞・テレビなどでこのことが報道されていたのだろうか、私の記憶にはない。

勿論、巨費を出せば済むという話ではなく、いろいろのことを考えさせられる。因みに、「湾岸戦争、憲法九条」をキーワードに検索したら、湾岸戦争の後、アメリカで「憲法九条の会」を作ったオハイオ大學名誉教授のチャールズ・オーバビーさん、その著書「地球憲法第九条」などが表示された。小森さんの講話と関連するのだろうか。

(矢野 勝敏)

「目からうろこ・・・」の小森講演会

2009年10月 4日 | | 意見・感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009/9/5 小森陽一さん講演会参加者からの感想文を掲載します。

-以下感想文-

九条の会事務局長小森陽一氏を迎えての講演会が終わって、ようやく初秋を実感する心の余裕ができた。("人集め"「動員」というのは軍事用語、組合用語だという小森氏からの指摘あり)の点で、いまひとつ努力不足の反省点はあるが、"小森講演"を通じて改めて<九条の会>の存在理由と現下内外政治状況についての自己研鑽ができたように思う。

日本近代文学を専門に持つ文芸評論家という学究の方で、九条の会の文字通りの要としての日常活動を持つ小森氏の、すぐれた情報収集と分析力に基づく当日の講演は、不勉強な私に大きな刺激と多くの示唆を与えてくれた。まさに9.5ショックと呼んでいいほどのインパクトであった。

とくに"のりピー報道"によって情報操作され多くの視聴者を「政治」から遠ざけようとする日本のマスコミについての厳しい指摘には「目からうろこ・・・」の思いがあった。また「初の政権交代」という決まり文句の裏に隠された1993年の細川政権以降の"政界裏事情"や小沢委員会の影響力を引きずっての現鳩山政権の今後についても考えさせられるところが多かった。

(南 邦和・みやざき九条の会代表世話人)

2009年9月5日講演会音声データ

2009年9月22日 | | 活動報告 | コメント(2) | トラックバック(0)

2009年9月5日(土)に開催した、「九条の会」事務局長 小森 陽一さんの講演会
「日本国憲法九条が世界を動かす -危機の中でこそ九条の思想を」
の公演内容を下記リンクよりダウンロードして、聞くことができます。
(再生にはWindowsMediaPlayer等のMP3再生ソフトが必要です)
一括データか分割データ(5分割)を選んでください。

公演内容をダウンロード
一括データ(MP3ファイル:90.64MB)
分割データ1(MP3ファイル:17.24MB)
分割データ2(MP3ファイル:18.93MB)
分割データ3(MP3ファイル:18.71MB)
分割データ4(MP3ファイル:18.13MB)
分割データ5(MP3ファイル:17.63MB)

レジュメ(PDFファイル:759KB)をダウンロードする

小森陽一さん講演会を開催

2009年9月 6日 | | 活動報告 | コメント(0) | トラックバック(0)

小森陽一講演会

九条の会」事務局長の小森陽一さん講演会「日本国憲法9条世界を動かす~危機の中でこそ9条の思想を~」を、2009年9月5日(土) 宮崎市佐土原総合文化センターにて開催

次に、「みやさき九条の会」代表世話人、藤原宏志が、「『憲法九条』は世界をともす燈台であると思います。憲法九条が指し示す『希望の明かり』です。」と挨拶しました。

講演レジュメから
「100年に一度」の経済危機と資本主義システムの崩壊の中での「戦前責任」
2009年の憲法九条をめぐる状況
九条問題を歴史的にとらえ直す
日本国憲法九条が世界を動かす

講演では、上記の項目に沿い「憲法九条」と日本の政治、国際紛争との関連をひも解き、「憲法九条」の重要性を解説していただきました。

小森さんは言いました。「私たち庶民にとって『記憶力』が唯一の力です。」

講演を聴いていて、自分の記憶力の無さ、歴史認識があいまいであったかを感じ、今起こっていること、ひとつひとつを正しく認識し、整理し、記憶することも、「憲法九条」を守り生かすために、重要なことだと思いました。

講演会の詳細、感想については、まとまり次第報告します。

小森陽一さん講演会

2009年6月28日 | | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

"みやざき九条の会"では、
「日本国憲法九条が世界を動かす -危機の中でこそ九条の思想を」
と題し、「九条の会」事務局長 小森 陽一さんを迎え講演会を開催します。

100年に一度といわれる経済危機の中で、世界は混迷を深めています。紛争や戦争はなくなりませんし、武力による解決も無効なことがますますはっきりしてきました。

これに対抗できる人類の知恵は、日本国憲法九条の平和理念であることを小森陽一さんは、歴史的に解き明かします。

とき
2009年9月5日(土) 13:30
ところ
宮崎市佐土原総合文化センター(くじらホール)
地図

大きな地図で見る
資料代
500円(学生は無料)
申し込み方法
下記主催・共催団体から前売り券を購入するか、当日会場受付でご購入ください。
主催
みやざき九条の会
宮崎市旭1-30-20 くすの樹ビル
fax:0985-22-2937 tel:0985-24-8820
共催
延岡九条の会、祝子九条の会、世界の中の日本を知る会、一ヶ岡九条の会、宗教者九条の和、東海九条の会、塩浜九条の会、平和とくらし民主主義を守る延岡の会、ピースの会九条の会、医療生協県北支部九条の会、延岡語り部の会、方財九条の会、九条くろがねもち、昭和を語る会、あすなろ九条の会、夕陽を見る会、太陽九条の会、日向・門川九条の会、南郷九条の会、宮崎ネットワーク運動かどがわ、新富九条の会、くにとみ九条の会、教職員OB九条の会みやざき、宮崎大学九条の会、南方保育園九条の会、小戸西池九条の会、大宮九条の会、大淀九条の会、みやざき医療者9条の会、宮崎生協病院9条の会、宮崎医療生協南部支部9条の会、宮崎医療生協大淀支部9条の会、宮崎医療生協北2支部9条の会、おおつか生協クリニック9条の会、このはな生協クリニック9条の会、和知川原生協クリニック9条の会、 都城・きたもろ9条の会、こばやし九条の会、オビ九条の会

チラシを用意しています。ご自由に印刷し、宣伝に活用ください。

komoriyouiti-090905.pdf(275kb)

ニュース(会報)

PDFファイル PDFファイルです

ブラウザで表示できないときは、ファイルをダウンロードしてから閲覧ください。
windowsの場合、右クリックして「名前をつけて保存」でダウンロードできます。

個別ページ
  • files
  • images
スタッフ募集

みやざき九条の会は代表世話人・世話人を中心に活動を進めています。

ニュース作り、会計等、人手不足で悩んでいます。専従的なスタッフになっていただける方を募集します。
詳細は事務局へお気軽にお問い合わせ下さい。

Tags
FEED
CC Licenses
Creative Commons License
会費およびカンパのお願い

当会の年会費は主に通信費、消耗品費として使われています。現在の財政状況は当会が今後とも息の永い多面的活動を展開するうえで十分とはいえません。会費に加えて任意カンパ(一口千円)をお願いします。

  • 取扱金融機関:ゆうちょ銀行
  • 口座記号番号:
    01760-4-131244
  • 加入者名:みやざき九条の会
  • 年会費:1,000円
  • カンパ:何口でも(1,000円/口)
最近のコメント

ニッポンの秋と核の冬
高橋武夫 07/10
首相官邸ホームページへのリンク追加
松永英雄 03/27
みやざき9条の会 03/27
今なぜ「坂の上の雲」か
Znet 01/19
2009年9月5日講演会音声データ
平野千恵子 09/28
吉村 恵一 09/29
「みやざき国際ストリート音楽祭2009」セレモニーに戦闘機
吉村 恵一 05/03

カテゴリー
リンク
携帯

http://welove9.org/

URLをメールで送信